タックル・小物

【ルアー・フックの計測に】デジタルスケールようやく導入

投稿日:2017年10月6日 更新日:

こんにちは

ついに購入してしまいました。

デジタルスケール。

いやー今まで

ルアーの重さやフックの重さを知りたくても、

なかなか精緻な数字が分からなかったんですよね-。

こういう、キッチンで使っていたものを流用していたのですが、

なかなか不便でした…

 

今回購入したのは、こちら

なんと、

0.01グラム~500グラムまではかれます。

海外製で、パッケージはあれですが、なかなかしっかりしており、

ケースも高級感がありますね。

単四電池二本で稼働します。

これで、ケースの中で重さが分からなくなったシンカーや、

トリプルフックの重さが分かるようになりました。

あと、スピナーベイトやバズベイトなどのワイヤーベイトって

基本的にヘッドの重さが表記されているんですよね。

ブレードごとはかってみると、こんなに重かったんだと思うことがあります。

試しにその場にあった

メガバスのグリフォン(SR-X)をはかってみます。

メガバス(Megabass) ルアー QUIET GRIFFON SR-X フ゛ラックウ゛ァイハ゜ー

まあ表記通り、4分の1オンス(約7グラム)ですね。

なんかいろんな物を計測するのが楽しくなってきましたね-

マニアックな方は、ハードルアーのトリプルフックの重さまでこだわるようです。

奥が深いですね。

いずれにせよ、良い買い物をしました。


 

私のyoutubeチャンネル「バス釣りアマチュア動画」もよろしくお願いいたします

-タックル・小物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【自分の釣りに丁度良い!】18アルデバラン30MGLに期待

年末も押し迫り、来年のニューリールの話題で持ちきりですね。 18ステラの発売など、すごく盛り上がっております。   その中で、私が注目しているのは、 18アルデバラン30MGL です。 あの …

プラノのピストルケース、リール収納に最適だった

皆さん、 PLANO (プラノ) と言えば、何を思い浮かべますか? バス釣りをされている方にとっては、 ルアーケースでしょうか。 プラノを日本企業に例えると、「バーサス」シリーズを手掛ける 明邦化学工 …

【早春の巻物に】ワイルドサイドWSC63M購入

最近の記事で、早春に向けて購入したルアー2つを紹介しました。 【出るかデカバス】T.D.ミノー120SPに挑戦 【フィネスなスピナベ?】ディーパーレンジ活用 ただ、わたくし、これらに適した巻物用のロッ …

【2ピース最強?】エバグリ・ライトキャバルリー購入

絶滅危惧種かもしれませんが、 私は電車で移動するレンタルボーターのため、 最近、2ピースロッドを拡充しております。  アマチュアバサーの館【電車バサー必見】ポイズンアドレナ2ピース、新モデル …

最高のフック!ダイワの「サクサス」

これまでフックにこだわりはありませんでしたが、 DAIWAのフックブランド「SaqSas」( サクサス)に出会ってから考え方が変わりました。 テレビ大阪系列で放映されているザ・フィッシングのCMで一時 …

車がないのにボート釣りを楽しむアラサー。四国に生まれ育ち、小学4年の頃バス釣りを開始。以来、高校まで近所の野池やリザーバーなどでバス釣り人生を過ごす。現在は東京在住。初めてバスを釣ったルアーはノーブランドのミノー。思い出のリールはスコーピオン1500、TD-Z105HL、バリウスF200

当ブログはリンクフリーです。トップページや記事等、ご自由にリンクしてもらって構いません