バス釣りよもやま話

【小ネタ】グリップ着脱式ロッドが抜けない

投稿日:2018年3月5日 更新日:

今回は、とてつもなく短い記事になりそうです。

 

こういったご経験はありませんか?

グリップ脱着式ロッドの

グリップが抜けないことが。

「グリップ脱着式」「グリップ着脱式」

表現として、どちらが正しいんでしょうか

そんなことは、さておき

 

ある程度(7フィート以上)の長さのロッドになると、

この形式が増えますよね。

センターカットでの2ピースでないので、

2ピースの欠点である、だるさ等を感じず、持ち運びも便利になる。

一石二鳥の形式です。

アブガルシア(Abu Garcia) バスロッド ベイト ワールドモンスター WMSC-762H

ただ、こうしたロッドを使っていると、

グリップから抜けね-

ってことがよくあるんです。

私が奥まで差し込みすぎなだけかもしれませんが、

頻発します。

 

先日の釣行準備中も、この現象が発生したので、

解消方法とともに、ご紹介します。

先日は、ポイズンアルティマがこの症状に。

昔からやっているのですが、

こういうときは

キンキンに冷やすのです。

コンビニで売っている氷などで、

包み込むように接続部を冷やします。

5分ぐらいで結構です。

 

そうすると、

いとも簡単に抜けますね。

相当力を入れて、

抜こうとして他のがばからしくなります。

 

釣りの準備、後片付けが少しでも楽になるでしょうか。何かの参考になれば幸甚です

-バス釣りよもやま話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【悲報か朗報か】琵琶湖のバス釣り有料化、県が検討

緊急シェアいたします。 昨日、毎日新聞の地方版に、 大変興味深い記事が掲載されていたようです。 滋賀県の三日月大造知事が、 琵琶湖にいる外来種の釣りについて、 有料化を検討する意向を示しているとの事で …

フックブランド「リューギ」。田辺哲男プロと契約

大ニュースが入ってきました。 あのノリーズを手掛ける田辺哲男プロが フックブランド「リューギ(RYUGI)」と契約したようです。 ピアストレブル、ダブルなど「ピアスシリーズ」に定評がありますよね。 そ …

バス釣り雑誌が生き残るためには

今回はバス釣り雑誌のお話でございます。 私の世代で言うと『ルアーマガジン』(内外出版社)、『Basser』(つり人社)、『バスワールド』(枻出版社)、『Rod and Reel』(地球丸)の 4大バス …

【ロッド配送】旧ヤマト便と佐川急便を比較

※追記 ~2018最新版まとめ~ こちらの記事は旧情報です。 ロッドの送料について知りたい方は、 まずはこちらをご覧下さい。  アマチュアバサーの館  1 pocket【 …

【相模湖】レンタルボート代が500円値上がり

日相園さん、秋山川釣の家さんなど、 各ボート店のホームページで発表されており、 ご存じの方も、多いかもしれませんが、 相模湖のボート代が500円値上がりします 4月1日からです。   ボート …

車がないのにボート釣りを楽しむアラサー。四国に生まれ育ち、小学4年の頃バス釣りを開始。以来、高校まで近所の野池やリザーバーなどでバス釣り人生を過ごす。現在は東京在住。初めてバスを釣ったルアーはノーブランドのミノー。思い出のリールはスコーピオン1500、TD-Z105HL、バリウスF200

当ブログはリンクフリーです。トップページや記事等、ご自由にリンクしてもらって構いません