バス釣りよもやま話

【小ネタ】グリップ着脱式ロッドが抜けない

投稿日:2018年3月5日 更新日:

今回は、とてつもなく短い記事になりそうです。

 

こういったご経験はありませんか?

グリップ脱着式ロッドの

グリップが抜けないことが。

「グリップ脱着式」「グリップ着脱式」

表現として、どちらが正しいんでしょうか

そんなことは、さておき

 

ある程度(7フィート以上)の長さのロッドになると、

この形式が増えますよね。

センターカットでの2ピースでないので、

2ピースの欠点である、だるさ等を感じず、持ち運びも便利になる。

一石二鳥の形式です。

アブガルシア(Abu Garcia) バスロッド ベイト ワールドモンスター WMSC-762H

ただ、こうしたロッドを使っていると、

グリップから抜けね-

ってことがよくあるんです。

私が奥まで差し込みすぎなだけかもしれませんが、

頻発します。

 

先日の釣行準備中も、この現象が発生したので、

解消方法とともに、ご紹介します。

先日は、ポイズンアルティマがこの症状に。

昔からやっているのですが、

こういうときは

キンキンに冷やすのです。

コンビニで売っている氷などで、

包み込むように接続部を冷やします。

5分ぐらいで結構です。

 

そうすると、

いとも簡単に抜けますね。

相当力を入れて、

抜こうとして他のがばからしくなります。

 

釣りの準備、後片付けが少しでも楽になるでしょうか。何かの参考になれば幸甚です

-バス釣りよもやま話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【まとめ】結局ワンピースロッドの送料っていくら?

今回はワンピースロッドの送料のお話です。 当サイト、アマチュアバサーの館では、 昨年の開設当初から、 ワンピースロッドの配送について取り上げてきました。   古い順から紹介しますと、 &nb …

バス釣り雑誌が生き残るためには

今回はバス釣り雑誌のお話でございます。 私の世代で言うと『ルアーマガジン』(内外出版社)、『Basser』(つり人社)、『バスワールド』(枻出版社)、『Rod and Reel』(地球丸)の 4大バス …

知られざる釣り具メーカー「タカ産業」

皆さんは釣り具(特に便利グッズ)を取り扱う 「タカ産業」というメーカーをご存じですか。 聞いたことがない方も多いのではないでしょうか。 特にバスフィッシングをされている方は、なおさらだと思います。 企 …

高滝ダム、チバニアンで有名になるか!

今回は、時事ネタからのお話です。 ニュースで盛んに取り上げられていますね チバニアン! まだ知らない方に説明しますと、 77万年前~12万6000年前の地質時代が、 日本の千葉県から名前をとって 「チ …

スマートルアー始動、バス釣りの世界を変えるか

今回は毎朝 読んでいる日経新聞のネタです。   久々に、 ブラックバスというワードが出てきたので、 全国版ではなく、(北海道面です) 電子版では、全国津々浦々の紙面が見られます   …

車がないのにボート釣りを楽しむアラサー。四国に生まれ育ち、小学4年の頃バス釣りを開始。以来、高校まで近所の野池やリザーバーなどでバス釣り人生を過ごす。現在は東京在住。初めてバスを釣ったルアーはノーブランドのミノー。思い出のリールはスコーピオン1500、TD-Z105HL、バリウスF200

当ブログはリンクフリーです。トップページや記事等、ご自由にリンクしてもらって構いません