花粉症治療

地道に行った花粉症治療(舌下免疫療法)に効果が!

投稿日:

私、人知れず続けてきたことがあります。

花粉症の舌下免疫療法です。

 

毎日、花粉エキスが入った薬を

舌の下に入れ続けています。

「したのした」って言いづらいですね

理由はもちろん、バス釣りを快適に行うためです。

 

昨年の5月からですので、

かれこれ、10カ月程になります。

始めた際、ちゃっかりブログ記事にもしており、

「花粉症治療」というカテゴリも作っています。

(記事は1つしかありません。すみません)

今回はその結果について、

お話ししたいと思います。

首を長くして期待されていたマニアックな方、

いらっしゃいますでしょうか

 

まず、注意点ですが、

効果には個人差がございます。

治療行為はご自身の責任で行って下さい。

それでは、お話ししましょう。

前回、2017年5月の記事では、

本当に花粉症かどうか、

血液検査で確かめるところで終わっていましたね。

結果はもちろん、

重度のスギ花粉アレルギーでした

まあ、ここで花粉症じゃないと言われたら、何なんだという話ですが。

 

そして、薬を処方されます。

最初は、薬になれるまで増量期の薬を使い、

量を増やしますが、

数日で維持期に移ります。

今現在、私は一番右の薬を毎日使い続けているわけです。

維持期に入ると、

一ヶ月分で大体1400円程度(保険適用後)ですね。

投薬は毎日、行う必要があります。

舌の下に液体を入れ、2分間保持し、飲み込むだけです。

毎日続けるのが面倒ですが。

服用後、5分間は飲食を避けるよう、説明書に書いてあります。

激しい運動や飲酒、入浴は服用前後2時間は避けるよう、注意があります。

 

まあ、毎朝、朝食後の歯磨きの後など、

決まった時間に投薬していれば、そんなに苦ではないですね。

 

私が一番面倒だと思ったのは、

この薬が要冷蔵ということです

普段は、別に冷蔵庫に入れておけばよいのですが、

困るのは旅行や出張ですね。

釣りの遠征などもそうですが。

100均で売っているような、アルミの入れ物に、

保冷剤を入れて持ち運んでいました。

cotta(コッタ) 保冷剤 クールウェル 50g 70×100mm 200個 004150

ミラクルパック S 5枚入 便利な保冷パック 簡易包装 TS-34

夏場は特に気を使いましたね。

ネットではそこまで神経質にならなくても良い

との記述が散見されますが。

 

あと、治療を申し込む病院は、

絶対、会社や自宅、学校などに近い方が良いです!

定期的に通う必要があるので、

あまりに離れていたらめんどくさくなりますよ。

 

お待ちかねの結果です。

約10カ月、投薬し続けて

遂に迎えた花粉症のシーズン。

どうだったかというと、

 

だいぶ症状が改善されました!

 

去年までの症状が10だとすると、

5くらいまで下がったイメージですね。

薬なしでも、日常生活は送れるレベルです。

なんだか嬉しい!

地道に続けてきて良かったあー

という感じです。

花粉を浴び続ける心配がある、釣りの際は薬を飲んで万全を期しております。

そうすることで、釣りの後の不快感は激減しております。

以前は

鼻の穴にセメントが詰まっているような感じになっていましたが。

治療が効きづらい方もいらっしゃるとのことで、

心配していたのですが、杞憂に終わりました。

 

ただ、どうしても症状が悪化してしまうのが、

飲酒した場合ですね

個人差はあるようですが、

私、体質なのか、アルコールで花粉症の症状が一気に悪化します…

それは、この舌下免疫療法をもってしても、改善されないんですかね。

最近、結構な量のお酒を飲んだことがあったのですが、

一時的に去年まで見られた花粉症の症状に戻ってしまいました…

まあ、酒飲むなってことなんでしょうけど。

 

酒さえ飲まなければ、スポーニングシーズンのデカバスも爆釣!

といきたいところですが。

まだ初バスも釣り上げておりません笑

 

治療自体は、最低3年続けることが推奨されています。

今後も、花粉エキスの投入を

雨の日も風の日も、地道に続けていきます

-花粉症治療

執筆者:


  1. T より:

    花粉なんとかしたいですね〜
    治療を続ければしっかり結果がでるんですね^ ^
    完治したらパラダイスですね!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【これで春も爆釣?】花粉症の舌下免疫療法を開始

※効果には個人差がございます。 治療行為はご自身の責任で行って下さい。   突然ですが、 一念発起して始めてみることにしました。 何かというと、 花粉症の舌下免疫療法 です。   …

車がないのにボート釣りを楽しむアラサー。四国に生まれ育ち、小学4年の頃バス釣りを開始。以来、高校まで近所の野池やリザーバーなどでバス釣り人生を過ごす。現在は東京在住。初めてバスを釣ったルアーはノーブランドのミノー。思い出のリールはスコーピオン1500、TD-Z105HL、バリウスF200

当ブログはリンクフリーです。トップページや記事等、ご自由にリンクしてもらって構いません