バス釣りよもやま話

【ふるさと納税】亀山ダムのボート代が無料に

投稿日:

早いもので、

今年もあと、

3カ月ですね

そろそろ、

私のバスフィッシングシーズンも終盤にさしかかっております。

 

この時期、済ませないと、いけない事として、

私が真っ先に思い浮かぶのは、

ふるさと納税です

 

このブログをご覧のバサーの中にも、

もう知っているよという方

名前は聞いたことがあるけど、仕組みは分からない方

ぜんぜん知らない方

色々いらっしゃると思います。

 

凄く凄く、簡単に説明すると、

 

2000円で、

色々な返礼品(釣り関係を含む)がもらえます

凄く簡単に、説明しすぎましたかね…

その辺の解説は、当ブログで紹介するまでもなく、

ネットで検索すれば、ものすごく情報が出てくるので、

あえて説明しません。

 

私、ふるさと納税をし始めて、

今年で4年目?くらいになりますが、

当初は、本当に釣り関係の返礼品が少なかったんです。

 

なんか、謎のボーグルアーっていう、幻のルアー?

(共感頂ける方いますかね)

とか、

村田基氏の高級ロッドとかしかありませんでした。

 

そういった中、

私はモンベルのレインウェアを2000円でゲットするなど、

モンベル M/GTXレインダンサー JK 1128340 SLBL SLBL M

なるべく、

釣り関係の返礼品を頂けるところに、

寄付をしてきました。

 

昨今、総務省の返礼品見直し要請等もあります。

本当に応援したい自治体に寄付すべきで

返礼品で、自治体を選ぶのはいかがなものか

という風潮になっていますが、

 

私は、全然大ありだと思っております。

まあ、考え方は人それぞれですが

 

そんな中、今年は、どこに寄付しようかと

調べていると、

釣り関係の返礼品増えましたね-。

しかもバス釣りで。

 

例えば、

こんなバス釣りルアーセットを

見つけてしまいました。

 

25000円て高けーと思う方もいるかもしれませんが、

その辺は、ふるさと納税の仕組みをお調べ下さい

自己負担は実質2000円です。

念のため、解説しますと、25000円の寄付ですが、

お金が住民税の減額という形で戻ってきますヨ

 

あと、少し古めですが、リールも充実してきましたね。

釣り関係の返礼品は、

福岡県行橋市さんが多いですね

サイトからは読み取れませんが、おそらく市内に釣具店が多い?

関係でしょうか。

 

で、もっと検索してみると、

相当ワクワクする、返礼品に出会いました。

 

亀山ダム(亀山湖)の

ボート券です。

 

亀山ダムが立地する

千葉県君津市の返礼品です

 

以下を参照頂ければ、一目瞭然ですが、

ボートハウス松下、

亀山水産センター、

レンタルボートよりとも、

トキタボート、

のむらボートハウス、

湖畔の宿つばきもと、

おりきさわボート

のいずれかで利用できます。

オールスターですね(当たり前か)

 

これは亀山ダムの

ヘビーユーザーにはお得な返礼品ではないでしょうか。

亀山ダムは、超がつくほどのメジャーレイクですが、

公共交通機関で行きやすいのも魅力です。

電車バサーの私も、定期的に通わせてもらっています。

 

加えて、ワクワクした理由はこれだけではないんです。

 

自治体のふるさと納税の返礼品に、

バス釣りのボート券がラインナップされるなんて、

よくよく考えてみると、すごい事だと思いませんか?

 

亀山ダム、バサー、ボート屋、君津市等が

共生しあっている証拠だと思います

こんなフィールド全国になかなかないですよね。

是非とも大切にしたいです

リールとかルアーとか、返礼品を述べましたが、

オススメはやっぱ、

この亀山ダムボート券ですね

 

全国(さすがに関東圏の方中心ですかね…)からいっぱい寄付が来ると、

バサーが、いかに地元経済に貢献しているか

あらためて、君津市さんに分かってもらえるのではないでしょうか

(もう既に分かって頂いているかもしれませんが…)

バサーの意志を示すことができる

またとないチャンスです

 

亀山湖に定期的に通われている方、いかがでしょうか

 

全国にこういった、フィールドが一つでも多く増えればいいなと思う

今日この頃です。

 

サラリーマンバサーの方、ふるさと納税、始めてみませんか?

-バス釣りよもやま話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【悲報か朗報か】琵琶湖のバス釣り有料化、県が検討

緊急シェアいたします。 昨日、毎日新聞の地方版に、 大変興味深い記事が掲載されていたようです。 滋賀県の三日月大造知事が、 琵琶湖にいる外来種の釣りについて、 有料化を検討する意向を示しているとの事で …

バス釣り雑誌が生き残るためには

今回はバス釣り雑誌のお話でございます。 私の世代で言うと『ルアーマガジン』(内外出版社)、『Basser』(つり人社)、『バスワールド』(枻出版社)、『Rod and Reel』(地球丸)の 4大バス …

【かっ飛びチューン?】リョービ・バリウスの思い出

今回は、前回の記事(ビービータイムス)の流れで、 RYOBIのベイトリール「バリウス」を紹介いたします。 この時代のタックルの話は、やっぱり尽きません。 VARIUSの特長は、なんと言っても見た目の良 …

【小ネタ】グリップ着脱式ロッドが抜けない

今回は、とてつもなく短い記事になりそうです。   こういったご経験はありませんか? グリップ脱着式ロッドの グリップが抜けないことが。 「グリップ脱着式」「グリップ着脱式」 表現として、どち …

17年前のルアーマガジン、現在と比べてみた

今回は雑誌のお話です。 アラサーの私がかつて愛読していたのが、 ルアーマガジンです。 小学生~高校生にかけ、目を皿のようにして読んでいたのを 思い出します。 かつての記事では、 バス釣り雑誌が生き残る …

車がないのにボート釣りを楽しむアラサー。四国に生まれ育ち、小学4年の頃バス釣りを開始。以来、高校まで近所の野池やリザーバーなどでバス釣り人生を過ごす。現在は東京在住。初めてバスを釣ったルアーはノーブランドのミノー。思い出のリールはスコーピオン1500、TD-Z105HL、バリウスF200

当ブログはリンクフリーです。トップページや記事等、ご自由にリンクしてもらって構いません