エリアトラウト

FISH UP 秋川湖は本当に釣れないのか㊤

投稿日:2016年11月21日 更新日:

ついに行ってきました!!FISH UP 秋川湖!

以前から記事で紹介していましたが、

待ちに待ったオープンですね。

東京都あきる野市の

Wonderful Nature Village(わんダフルネイチャーヴィレッジ)内にできた

新しい管理釣り場です。

釣れないとか一部ネットで噂になっておりますが、

真実を確かめるため、

実際に行ってみました。

 

まずは交通事情から。

これまでの記事で、何度も申し上げておりますが、

私は車を持たない電車釣行派でございます。

というわけで、FISH UP 秋川湖の最寄り駅、JR秋川駅に到着。

JR中央線の立川駅から青梅線に乗り換え、拝島駅でまた五日市線に乗り換え、

そこからすぐです。

ここからはタクシーで行きます。

朝いちのオープン時間(7時)に間に合わせたいので、

予約しようとすると「駅には配車できないんですよ」との答えが返ってきました。

私が無知なだけなのかもしれませんが、基本タクシーは駅に配車できないようです。

タクシー会社の大人の事情があるようで、タクシー乗り場で、待っている車を優先するとのことです。

でも、乗り場には一台も待ってなかったんですけどね…

タクシー乗り場で車両を待ちますが、待てども待てども来ません。

秋川駅周辺には2つのタクシー会社があるようです。

リーガルキャブ=042-550-2712

秋川交通=042-5587-411

しびれを切らし、

この2社に電話しますが、車が出払って対応できませんとの回答。

せっかく早起きした意味がないなと思った矢先、

流しのタクシーが乗り場に来てくれました。

何という幸運!!

電車で、秋川湖に行かれる方は、タクシーに注意した方がよいかもしれません。

まあ徒歩や路線バスでも行けなくはないですが…

タクシーに乗れば10分程度で到着します。

行きが1100円、帰りが1200円程度でした。

 

で、到着後は一日券(4,700円)を購入。

管理釣り場では珍しいのですが、

Suicaやクレジットカードが使えるようです。

そして入園、レンタルネットも充実しております。

こういうサービスは私のような電車釣行派にとっては大変助かります。

開成水辺フォレストスプリングスのような、

1000円のデポジットもなく、楽ちんです。

で、水の色は激にごり…朝いちなのにあまり釣れる気がしません…

案の定、開始3時間で2匹という結果…

表層に全く反応がなく、アタリがあるのはボトムのみ…

ヒットルアーは、ザッガーB1です。

 

こんな感じで、気が折れそうな釣行序盤でした。

しかし後半、ドラマが起きます。

次回へ続く…


 

私のyoutubeチャンネル「バス釣りアマチュア動画」もよろしくお願いいたします

-エリアトラウト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

管理釣り場でベイトにチャレンジ?

エリアトラウトの季節が到来して、 チャレンジしたいことが増えてきました。 今回ご紹介するのは、ベイトタックルの導入です。 現在、私のエリアトラウトスタイルは 「スピニング1本でなんでもやっちゃう派」で …

FISH UP 秋川湖。攻略法はボトムにあり

明けましておめでとうございます。 今年も本ブログをよろしくお願いいたします。   バス釣りは相当ご無沙汰でございます。 一方、エリアトラウトには通っていて、 先日2回目のFISH UP秋川湖 …

【表層最強?】ノリーズWEEPERに心酔

ここ最近、エリアトラウトの話題が続いておりますが、今回も管理釣り場の話です。 バス釣りはここ最近いけていません…   さて、今回はエリアトラウトで私が溺愛しているルアーを紹介します。 &nb …

注目度抜群の新エリア「FISH UP 秋川湖」

最近、関東のエリアトラウト界がざわついている話題があります。 ポンドの新規建設があまりない中、東京都あきる野市に新たな管理釣り場「FISH UP 秋川湖」がオープンするのです。 オープン日は、10月2 …

ボトム攻略に最適。ザッガーB1に夢中

エリアトラウトの記事が続き、申し訳ございません。大変恐縮しております。 さて、先日のFISH UP秋川湖釣行で、大変くじけそうになったと同時に ボトムの釣りの大切さを再認識しました。本気で縦の釣りを試 …

車がないのにボート釣りを楽しむアラサー。四国に生まれ育ち、小学4年の頃バス釣りを開始。以来、高校まで近所の野池やリザーバーなどでバス釣り人生を過ごす。現在は東京在住。初めてバスを釣ったルアーはノーブランドのミノー。思い出のリールはスコーピオン1500、TD-Z105HL、バリウスF200

当ブログはリンクフリーです。トップページや記事等、ご自由にリンクしてもらって構いません