バス釣りよもやま話

高滝ダム、チバニアンで有名になるか!

投稿日:

今回は、時事ネタからのお話です。

ニュースで盛んに取り上げられていますね

チバニアン!

まだ知らない方に説明しますと、

77万年前~12万6000年前の地質時代が、

日本の千葉県から名前をとって

「チバニアン」と名付けられる可能性があるとのことです。

 

なぜかというと、千葉県にある地層が時代の境界を調べる上で、

最も優れているとのこと。

なかなか専門的で、分かりづらいですが、これが正式決定すれば、すごい事ですね。

その地層は、地球の地磁気が逆転した証拠があるそうです。

 

その場所が、気になりますが、

今日NHKニュースを見ていると、

「市原市の養老川沿いにある地層…」

とのアナウンスが聞こえてきました。

ん、養老川、どこかで聞いたことあるな。

そうだ、高滝ダムに流れている川だ!

と、感動を覚え、ブログ記事にした次第です。

高滝ダムというと、亀山ダムと並ぶ房総リザーバーの雄。

プロフィールにも書いたように、

電車バサーの私はまだ、行ったことがありませんが、

釣りビジョンにもよく登場します。

(地図をあらためて見てみると、電車+タクシーで行けるかもしれません)

ゲーリーヤマモトのSUGOIアワーでよく見る気が…

なので、養老川という名前をきいてピンときた次第です。

 

ここでひとつ疑問が浮かびます。

養老川沿いということは、

バサーもエレキ船に乗りながら見学できるのか?

という素朴なものです笑

そこで、当該地層の場所を調べると、

月崎という駅の近くにあるようですね。

名称は「地球磁場逆転地層」というそうです。

かっこいいですね。

確かに高滝ダムとつながっております。

問題はどこまでボートにいけるのかという点。

うーんと考えているうちに、

とっておきの書籍を持っていることに気づきました。

亀山湖 高滝湖バス釣り大明解MAP―完全保存版 (別冊つり人 Vol. 372)

亀山湖・高滝湖、大明解MAP(つり人社)です!

亀山ダム用に買っていたのを忘れていました。

これを見れば、どこまで行けるかは一目瞭然でしょう。

ページをめくってみると、

おー。似たような地図が出てきました。

でもよく見てみると、川が途切れていますね。

このMAPでは、

20と記載されている「飯給駅」の近くまでしか載っていません。

上の地図をご覧頂くと、分かりますが、

チバニアンはその奥の「月崎駅」の近くです。

それより上流はいけないのか…

MAPを詳しく見てみると、その可能性が高そうです。

「ここから上流は浅瀬が続く」と書いてあり、

地図が途切れています。

 

確かにNHKのニュース映像を見てみると、

地層のそばにある川が、非常に浅そうなんです…

推定ですが、たぶんムリですね。

バス釣りと少し離れた記事ですいません。

 


 

私のyoutubeチャンネル「バス釣りアマチュア動画」もよろしくお願いいたします

-バス釣りよもやま話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高速バスで行く亀山ダム、意外と手軽だった

桧原湖に続いて、 都内からの公共交通機関シリーズです。  アマチュアバサーの館【念願のスモールマウス】都民が公共交通のみで桧原湖遠征http://amateurbasser.com/yomo …

【池の水を抜く番組で確信】バスってやっぱりバスを食うのか

※追記 2018年3月11日に放映された 池の水ぜんぶ抜く大作戦7 を批評。  アマチュアバサーの館「池の水を抜く」番組、人間って身勝手な存在だなあhttp://amateurbasser. …

バス釣り雑誌が生き残るためには

今回はバス釣り雑誌のお話でございます。 私の世代で言うと『ルアーマガジン』(内外出版社)、『Basser』(つり人社)、『バスワールド』(枻出版社)、『Rod and Reel』(地球丸)の 4大バス …

【悲報】タックルベリー通販、ロッド送料値上げ

またもや悲しいニュースが入ってきました… 便利なことから、私も愛用していたタックルベリーの中古釣具通販ですが、 ロッドの送料が大幅に上がりました… 5月1日からです… 原因は、佐川急便の値上げのようで …

懐かしのバス釣り雑誌『BB TIMES』

今回はバス釣り雑誌のお話です。 雑誌については、以前にも記事にいたしましたが、 今回は、知っている方なら知っているであろう 懐かしの雑誌をご紹介します。 BB TIMES(ビービータイムス)です。 た …

車がないのにボート釣りを楽しむアラサー。四国に生まれ育ち、小学4年の頃バス釣りを開始。以来、高校まで近所の野池やリザーバーなどでバス釣り人生を過ごす。現在は東京在住。初めてバスを釣ったルアーはノーブランドのミノー。思い出のリールはスコーピオン1500、TD-Z105HL、バリウスF200

当ブログはリンクフリーです。トップページや記事等、ご自由にリンクしてもらって構いません