バス釣りよもやま話

〝デコる〟と〝ボウズ〟あなたはどっち?

投稿日:

今回は、

バス釣りにまつわる

とりとめのないお話です。

しばしおつきあい下さい。

プロフィールに書いていますように、

私は四国出身で、

近所の野池が身近なバスフィールドでした。

進学等に伴う

関西在住期間などを経て、

今は関東に落ち着いていますが、

デコる(オデコを動詞にしたもの)

って言葉、ここ数年で知ったのです。

 

ご存じの通り、

ノーフィッシュ、何も釣れなかったことを表す言葉なのですが、

子供の頃からもっぱら使っていたのは

ボウズ(坊主)

でしたね。

 

もとをたどれば、どちらの言葉も一緒で、

毛が一本も生えていない→一匹も釣れていないことに由来しています。

私の仮説ですが、

デコる、オデコ=関東の方言

ボウズ、坊主=関西の方言

ではないのかと。

確かに、メディアでデコるをよく使っているのは、

田辺哲男プロが真っ先に思い浮かびますね~

 

一方、近年人気、実績急上昇中のバス釣りフックブランド「リューギ」を展開する

ささめ針には、こんな商品があります。

ささめ針(SASAME) X-014 ボウズのがれ渚でちょい投 M1

ボウズのがれです。

ささめ針は関西の企業なんですよ。

〝オデコ〟のがれって言葉は、あまり聞かない気がします。

やっぱ仮説はあっているんですかね。

もやもやしたので、記事にしたためた次第です。

 

おつきあいどうもありがとうございました。

-バス釣りよもやま話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フックブランド「リューギ」。田辺哲男プロと契約

大ニュースが入ってきました。 あのノリーズを手掛ける田辺哲男プロが フックブランド「リューギ(RYUGI)」と契約したようです。 ピアストレブル、ダブルなど「ピアスシリーズ」に定評がありますよね。 そ …

【かっ飛びチューン?】リョービ・バリウスの思い出

今回は、前回の記事(ビービータイムス)の流れで、 RYOBIのベイトリール「バリウス」を紹介いたします。 この時代のタックルの話は、やっぱり尽きません。 VARIUSの特長は、なんと言っても見た目の良 …

【ふるさと納税】亀山ダムのボート代が無料に

早いもので、 今年もあと、 3カ月ですね そろそろ、 私のバスフィッシングシーズンも終盤にさしかかっております。   この時期、済ませないと、いけない事として、 私が真っ先に思い浮かぶのは、 …

17年前のルアーマガジン、現在と比べてみた

今回は雑誌のお話です。 アラサーの私がかつて愛読していたのが、 ルアーマガジンです。 小学生~高校生にかけ、目を皿のようにして読んでいたのを 思い出します。 かつての記事では、 バス釣り雑誌が生き残る …

【シマノ釣り百景】村田基氏バス釣り再開?

久々にミラクルジムのバスフィッシングを見た気がします。 先週木曜日(2017年2月23日)、BS・TBSで放映されている「釣り百景」で、 村田さんがバス釣りを披露しました。釣り百景はシマノ系の番組です …

車がないのにボート釣りを楽しむアラサー。四国に生まれ育ち、小学4年の頃バス釣りを開始。以来、高校まで近所の野池やリザーバーなどでバス釣り人生を過ごす。現在は東京在住。初めてバスを釣ったルアーはノーブランドのミノー。思い出のリールはスコーピオン1500、TD-Z105HL、バリウスF200

当ブログはリンクフリーです。トップページや記事等、ご自由にリンクしてもらって構いません