タックル・小物

【TNトレーラーフック】装着法でキャッチ率が変わる?

投稿日:

さきほど、ザ・フィッシングの動画を見終えました(紹介記事はこちら

あのニューヨークヤンキースに所属するメジャーリーガー「マー君」こと田中将大投手が、

清水盛三(モリゾー)プロと釣りを披露。1週目はバイブで釣れたましたが、

2週目は残念でしたね…スキッピングはかっこよかったですが。

最後、タックル一式をプレゼントした場面は、

モリゾー氏の太っ腹さが垣間見えました(ダイワさんのご意向かも知れませんが…)

 

さて今回は、トレーラーフックのお話です。皆さんは「付ける」「付けない」どっち派ですか?

トレーラーフックが、世に出始めたのは、私が中学生の頃でしょうか。

当時、野池少年だった私は「なんて画期的な商品なんだ」と感動し、

スピナベやバズベイトを使う際は、必ず付けるようになったのを覚えています。

付けずにバレると相当悔しいですからね。後悔しまくりです。

デメリットとしては、根掛かり増加よりも、

ウィードが引っかかりやすくなるのが嫌ですね。

トレーラーフックにトレーラーフックを付けるという、

アホな事もしていました。当然ながら根掛かりが増えるという結果になりましたが…

トレーラーフックの装着法には、2種類存在します。

1つは、ゴム管をフックのアイにかぶせて、

スピナベのフックに装着する方法。

大手フックメーカーのがまかつさんもこの方式です。

がまかつ(Gamakatsu) トレーラーフック(ブラック) 1/0

私も、こちらの方式を愛用しております。

ただ、この方式には難点があります。

フックが非常にずれやすいのです。

1投ごとに、右に左にずれてしまいます。

投げた衝撃で、ずれてしまうこともあるようです。

こんな感じです。

この状態だと、あまりフッキングも良くないでしょう。

そこで購入したのが、

並木敏成プロがデザインした、TNトレーラーフック(FINA・ハヤブサ)です!

ゴム管ではなく、浮き止めゴムのようなパーツを2つ使い、フックを挟んで固定します。

この方式を使っても、左右にずれる問題が、完全に解消されるわけではありませんが、

TNトレーラーフックは、楕円形のアイが特長(オーバルアイと呼ぶようです)で、

横にずれる現象を防いでくれるというのです。

今回は、そこに一工夫します。

大手ブログ「DeeeP STREAM」さんで紹介されていた(記事はこちら

フッキング率が上がる「シングル固定法」です。

ゴムふたつを使って、止めるのではなく、一つのゴムで装着する方法です。

先日の記事で紹介した、ディーパーレンジに付けてみました。

それにしても良いですねー。このトレーラーフック。

確かに左右にずれません。楕円形のアイが非常に効いております。

感動しました。

これからトレーラーフックはこれに統一しようかなー。

あと、シングル固定法のフッキング率も知りたいところですが、

スピナーベイトやバズベイトで魚が釣れるのはいつになるやら…

 


私のyoutubeチャンネル「バス釣りアマチュア動画」もよろしくお願いいたします

-タックル・小物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ガーミン魚探】欠点だった地図を改良!

おはようございます。 まだ、初バスを釣り上げていない tdでございます。   今回はガーミン魚探のお話でございます。 過去の記事は、以下からどうぞ。  アマチュアバサーの館【使い方 …

【14ステラ】ハンドルノブを夢屋チューン

大変ご無沙汰しております。 前回の記事更新から、約1カ月半でしょうか… 毎度の言い訳ですが、仕事やら何やらに追われ、 ブログを更新できていませんでした。 もうちょっとペースを上げられればなあ… 罪悪感 …

アルファスAIR × SS AIRどっちが良いの?

今回はベイトフィネスリールのお話です。 以前のエリアトラウトの記事でも、ご紹介したとおり、 現在、私はベイトフィネスリールを3台所有しております。   購入の順番は 1台目 SS AIR 2 …

プラノのピストルケース、リール収納に最適だった

皆さん、 PLANO (プラノ) と言えば、何を思い浮かべますか? バス釣りをされている方にとっては、 ルアーケースでしょうか。 プラノを日本企業に例えると、「バーサス」シリーズを手掛ける 明邦化学工 …

【ルアー・フックの計測に】デジタルスケールようやく導入

こんにちは ついに購入してしまいました。 デジタルスケール。 いやー今まで ルアーの重さやフックの重さを知りたくても、 なかなか精緻な数字が分からなかったんですよね-。 こういう、キッチンで使っていた …

車がないのにボート釣りを楽しむアラサー。四国に生まれ育ち、小学4年の頃バス釣りを開始。以来、高校まで近所の野池やリザーバーなどでバス釣り人生を過ごす。現在は東京在住。初めてバスを釣ったルアーはノーブランドのミノー。思い出のリールはスコーピオン1500、TD-Z105HL、バリウスF200

当ブログはリンクフリーです。トップページや記事等、ご自由にリンクしてもらって構いません