釣りへの姿勢

ミドスト初バスを通じて、気づいたこと。

投稿日:2017年4月22日 更新日:

最近のブログで強調しておりますが、

ミドストで初バスが釣れたことが

大変うれしい今日この頃です。

やり方が分からなかった

素人からすると大変な進歩です。

ロッドなど、

タックルをそろえて良かったああ

 

といっても、グリマー7でのフィッシュですが…

ティムコ(TIEMCO) ルアー グリマー7 5.6g 70mm  #19 ゴーストプリズムシャイナー

上記のように、

この間、

ミドストの記事ばっか書いてますね…

 

今回の記事では、ミドスト初フィッシュ(キロオーバー)を経験して、

気づいたことを、書きたいと思います。

まだミドストで釣ったことがない方向けでございます。

まずは

 

1.やっぱり専用ロッドがやりやすい

ミドストは、特殊な釣り方で、専用ロッドが必要とよく言われます。

それは私も感じましたね。

釣り中に、スピニングのトラブルがあり、

ベイトフィネスで、グリマー7を扱ってみたんです。

それが超絶やりにくかったですね…

(ロッドはレジットデザイン・ワイルドサイドのWSC64Lでした…)

 

スローテーパーよりのスピニングがやりやすいです。

過去の記事に書いたように、

大人気のワイルドサイドWSS64UL(レジットデザイン)

LEGIT DESIGN(レジットデザイン) WILD SIDE WSS 64UL. WSS 64UL

 

と迷いましたが、春のシーズンインに間に合わないため、

 

フェンウイックを初購入!

することになりました。

ティムコ(TIEMCO) ロッド フェンウィック IHHS64SULJ

このロッドは本当に買って良かったですね。

得した気分です。

山岡計文プロのノウハウが詰まっております。

2.岸と平行に引く

これは、効率よく釣りをする上で重要です。

点の釣りというより、

線の釣りになると表現したらよいのでしょうか。

ボートポジションを岸寄りにとって、

一定のレンジを引くイメージで釣ると、

水中も想像しやすいです。

私の動画をご覧頂ければ、想像しやすいでしょう。

3.まずグリマーから試してみる

ティムコ(TIEMCO) ミノー グリマー7 ライト 70mm 5g SF アユ #02

グリマーは本当に、簡単にミドストができます。

 

だまされたと思って、買ってみて下さい。

かくいう私も、

まだワームでのミドストで釣ったことがありません…

山岡プロが言っているように、

ワームだと刺し方で、出せるアクションが変わることもあります。

このワームを針に指す作業がなかなか難しいのです。

とりあえず、ミドストでバスを釣りたい方には、

ティムコのグリマーシリーズをオススメします。

 

以上で気づいたことは終わりです。

いかがでしたか。

私自身、

これからどんどん暖かくなっても、

要所要所で、

ミドストを試したいと考えております。


 

私のyoutubeチャンネル「バス釣りアマチュア動画」もよろしくお願いいたします

-釣りへの姿勢

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【陸っぱり専門の方必見!】ボート釣りのすすめ

今回の記事では、ボート釣りの面白さをご紹介します。 プロフィールにも書いたように、 私がボートでのバスフィッシングを始めたのは、 ほんの数年前です。 それまでは、どこにでもあるような野池で 陸っぱりを …

【デカバス】釣りたいなら今でしょ!

のっけから、上から目線なタイトルで申し訳ございません。 最近の私の投稿をチェックしている方は、 おわかりかもしれませんが 【出るかデカバス】T.D.ミノー120SPに挑戦 【フィネスなスピナベ?】ディ …

【電車+レンタルボート】理想的なロッド運搬を考察㊦

※この記事は、電車釣行を前提にしております   前回の記事では、電車釣行の際、私が愛用しているロッドケースをご紹介しました。 【電車+レンタルボート】理想的なロッド運搬を考察㊤ タカ産業の …

【電車+レンタルボート】理想的なロッド運搬を考察㊤

プロフィールや過去記事で何度も申し上げておりますが、 「電車+レンタルボート」という発想 わたくしは、電車+レンタルボートという、 レア?なバスフィッシングスタイルを採っています。 そのような中、 同 …

no image

バスプロになりたかった少年時代を思う

こんにちは。 イヨケン氏が表紙となった、 バサーの最新号(2017 6月号)を購入して、 グッと胸に刺さる記事がございましたので、 シェアいたします。 ※以前の記事にも書きましたように、 バス釣り雑誌 …

車がないのにボート釣りを楽しむアラサー。四国に生まれ育ち、小学4年の頃バス釣りを開始。以来、高校まで近所の野池やリザーバーなどでバス釣り人生を過ごす。現在は東京在住。初めてバスを釣ったルアーはノーブランドのミノー。思い出のリールはスコーピオン1500、TD-Z105HL、バリウスF200

当ブログはリンクフリーです。トップページや記事等、ご自由にリンクしてもらって構いません