釣りへの姿勢

一番乗りが釣れるとは限らない

投稿日:2016年9月20日 更新日:

早朝、レンタルボート屋やスロープで船の準備。

 

周りにいるお客さん全員が何かそわそわしています。 そう、 皆、誰よりも早く有力ポイントで釣りをしたいのです。

出船時間になると一目散にポイント を目指します。 釣り人なら誰しもこういった経験があるのではないでしょうか。

 

私もたいていそうです。

ただ、朝イチに運良く有力ポイントへたどり着けたとしても、結果が良くないことが多くあります。

 

どうしてでしょう。

 

一概には説明できませんが、私の場合はプレッシャーが原因だと思われます。

とにかくキャストミスが多いです。人に自分のポイントをとられまいと慌ててキャストしてしまいます。木に引っかけたり、根がかったり…

 

遅れて出船したり、一呼吸置いて、釣りを始めたりした方が段違いに良いです。

最近、ゴルフをかじったのですが、このスポーツはメンタルが全てとよく言われます。平常心でなければ、それがすぐショットにあらわれます。

 

バス釣りも同じではないでしょうか。TOP50など、トップレベルの方たちは「メンタル」の重要性について、「アマチュア」よりなおさら感じていると思います。

 

私も大会に参加して思うのですが、全ては反復練習ではないでしょうか。

エレキやエンジンのタックル等を万全にしていくことも、大事です。前日のプラクティスなんかもすごく大事ですね。

思い通りにならなければ、リズムが崩れてしまいます。そこまで必要ないと思う方もいらっしゃるかもしれません

全ては本番に、最高の結果を出すために。

 

かっこいいことを書いてしまいました…

電車釣行ながらなるべく早く出船できる準備は前日にしていますよ。

タックル5本をセットしたまま電車に持ち込んだり、レンタルボートに魚群探知機を素早くつけられる工夫をしたり。

この辺は、後々のブログで紹介したいと思っております。ルアーもコンパクトながら取り出しやすいボックスを使っております。

 

また、陸っぱりの場合は少し状況が異なります。これもまた、書きたいと思います。

ご期待ください。

今後ともよろしくお願いいたします。

 


私のyoutubeチャンネル「バス釣りアマチュア動画」もよろしくお願いいたします

-釣りへの姿勢

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【電車+レンタルボート】理想的なロッド運搬を考察㊦

※この記事は、電車釣行を前提にしております   前回の記事では、電車釣行の際、私が愛用しているロッドケースをご紹介しました。 【電車+レンタルボート】理想的なロッド運搬を考察㊤ タカ産業の …

ミドスト初バスを通じて、気づいたこと。

最近のブログで強調しておりますが、 ミドストで初バスが釣れたことが 大変うれしい今日この頃です。 やり方が分からなかった 素人からすると大変な進歩です。 ロッドなど、 タックルをそろえて良かったああ …

no image

バスプロになりたかった少年時代を思う

こんにちは。 イヨケン氏が表紙となった、 バサーの最新号(2017 6月号)を購入して、 グッと胸に刺さる記事がございましたので、 シェアいたします。 ※以前の記事にも書きましたように、 バス釣り雑誌 …

【陸っぱり専門の方必見!】ボート釣りのすすめ

今回の記事では、ボート釣りの面白さをご紹介します。 プロフィールにも書いたように、 私がボートでのバスフィッシングを始めたのは、 ほんの数年前です。 それまでは、どこにでもあるような野池で 陸っぱりを …

【デカバス】釣りたいなら今でしょ!

のっけから、上から目線なタイトルで申し訳ございません。 最近の私の投稿をチェックしている方は、 おわかりかもしれませんが 【出るかデカバス】T.D.ミノー120SPに挑戦 【フィネスなスピナベ?】ディ …

車がないのにボート釣りを楽しむアラサー。四国に生まれ育ち、小学4年の頃バス釣りを開始。以来、高校まで近所の野池やリザーバーなどでバス釣り人生を過ごす。現在は東京在住。初めてバスを釣ったルアーはノーブランドのミノー。思い出のリールはスコーピオン1500、TD-Z105HL、バリウスF200

当ブログはリンクフリーです。トップページや記事等、ご自由にリンクしてもらって構いません