バス釣りよもやま話

バス釣りへの理解醸成は対話が重要?

投稿日:

いつも拝見している超人気ブログdeeepstreamさんに

興味深い記事が掲載されておりました。

“対話”からすべてが始まる – 加速するアングラー達の取り組み

釣り人と琵琶湖博物館の学芸員の方が、交流を持ったというのです。

キムケンこと木村建太氏や、depsの奥村和正氏も参加しております。

「琵琶湖博物館の学芸員」と聞くと、

バスアングラーとしては、少し身構えてしまうのではないでしょうか。

バス釣りを否定されるのでは

と。

 

脅かしましたが、そういった心配は杞憂だったようです。

記事に書かれておりますように、顔を合わせ

対話することが何より重要なことだと思います。

記事で紹介されていた女性アングラー

aitashiさんも気になる存在ですね。

ブログには、生き生きとした学芸員さんとの交流が描かれていました。

プロフィールを拝見すると、同じ四国出身なようです。

aitashiさんのブログも要チェックです。

わたくし自身も、このブログで、

いわゆる「外来魚問題」について、どんどん発信したいと考えております。

これまでは本の紹介という形で主張してきましたが、

愛すべきバス釣り名著②『ブラックバッス』

愛すべきバス釣り名著③『底抜けブラックバス大騒動』

今後も、いろんな形で発信致します。

 

皆さんも、ご経験はありませんか?

職場や学校などで、バス釣りが趣味ですと言ったときの反応です。

同僚「休日何してんのー」

私「釣りです」

同僚「海釣りかー。やったことないけど良いね。」

私「いいえ違います。湖でブラックバスを釣っています」

同僚「食べられないのになぜ?ブラックバスって釣っちゃダメじゃないの」

これが、ありがちな会話のパターンですね(笑)

 

こうした人たちと話していると、

私たちバサーはなんだか悪いことをしているように思えてきますが、

バス釣りをする権利は認められております。

リリースに関しても、各都道府県の条例がない地域は、認められております。

その辺は、環境省のホームページにも、しっかり明記されております。

他人に迷惑をかけないことは、大前提ですが。特に釣りをされない方に。

 

そういった誤解を解いたり、バス釣りを地域の方々や

フィールドの関係者に理解してもらうためには、

先入観を持たずに

様々なステークホルダーと会って話をすることが、重要ではないでしょうか。

そんなことを感じた一日でした。

 


私のyoutubeチャンネル「バス釣りアマチュア動画」もよろしくお願いいたします

-バス釣りよもやま話

執筆者:


  1. KenD より:

    当ブログのご紹介ありがとうございました!
    立場の違う方々と対話を重ねていく事は、非常に大切だと感じました。
    バスフィッシングを守っていくために、しっかりと動かなくては・・・と私自身感じさせられた出来事でした。
    有志のアングラーの力を合わせて、大手を振ってバス釣りが出来る未来を目指していきたいと思っています。
    今後ともよろしくお願いいたします!!

    • td より:

      おお、KenDさん!いつもブログ拝見しております!
      過去にリンクフリーとの記述を拝見し、拙ブログで紹介させて頂きました。大変恐縮です。
      私自身、こうしたバスフィッシングを巡る問題には大変関心があり、何とか改善できないものかと常々思ってきました。

      そうした際、KenDさんの記事からヒントを頂いております。ふるさと納税の話なども大変興味深かったです。

      仕事でもそうかもしれませんが、直接当事者に会って対話することは、非常に大切ですね。
      今回の記事で、確信が持てた気がします。ありがとうございました。
      今後ともよろしくお願いいたします。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「池の水を抜く」番組は矛盾だらけ?

※追記 2018年3月11日に放映された 池の水ぜんぶ抜く大作戦7 を批評。  アマチュアバサーの館「池の水を抜く」番組、人間って身勝手な存在だなあhttp://amateurbasser. …

【ふるさと納税】亀山ダムのボート代が無料に

早いもので、 今年もあと、 3カ月ですね そろそろ、 私のバスフィッシングシーズンも終盤にさしかかっております。   この時期、済ませないと、いけない事として、 私が真っ先に思い浮かぶのは、 …

【ドケチ?】釣りビジョンを無料で見る裏技

今回は あの釣り専門チャンネル「釣りビジョン」のお話です。 過去に青木大介プロの新番組を取り上げたりして、 このブログにも、ちょくちょく登場しております。 【青木大介プロ】釣りビジョンで新レギュラー番 …

【かっ飛びチューン?】リョービ・バリウスの思い出

今回は、前回の記事(ビービータイムス)の流れで、 RYOBIのベイトリール「バリウス」を紹介いたします。 この時代のタックルの話は、やっぱり尽きません。 VARIUSの特長は、なんと言っても見た目の良 …

TGブロー、どこに売ってるんだ

今回は、嘆きのような記事です。 昨秋から、ちょっとずつ フットボールジグの釣りに目覚めてきました。   それは、 エバーグリーンが手掛けた TGブローのおかげなんです。 これすごい良いフット …

車がないのにボート釣りを楽しむアラサー。四国に生まれ育ち、小学4年の頃バス釣りを開始。以来、高校まで近所の野池やリザーバーなどでバス釣り人生を過ごす。現在は東京在住。初めてバスを釣ったルアーはノーブランドのミノー。思い出のリールはスコーピオン1500、TD-Z105HL、バリウスF200

当ブログはリンクフリーです。トップページや記事等、ご自由にリンクしてもらって構いません